ホワイトペーパー

FPGAのタイミングクロージャはとても重要です

これを読んでいると、あなたや会社の誰かがFPGA設計における問題を抱えていたり、問題に直面している可能性があります。タイミング・クロージャは、FPGAアプリケーションを成功させる上で最も重要な問題の1つです。

Plunifyの技術顧問であり、以前のザイリンクスソフトウェア担当副社長であったBruce Talleyは、このトピックについて語る上で最も有能な人物の1人です。ホワイトペーパーをダウンロードして彼の視点について確認してください。

ホワイトペーパーに記載されているトピックス

  • タイミングクロージャの計画。
  • ベンダーツールは、一般的なケースのデザインコンパイルでは非常に優れた仕事をしますが、時にはそれが不十分であることもあります。
  • ベンダーのFPGAコンパイルツールでタイミングクロージャが難しいのはなぜですか?
  • タイミングクロージャを達成できない場合はどうすればよいですか?
  • InTimeタイミングクロージャツールはどのように役立ちますか?

InTimeでザイリンクスツールを使用してデザインのパフォーマンスを最適化する

このホワイトペーパーでは、InTimeを使用してVivadoのコンパイルパラメータを調整し、複数ビルドをパラレル実行することで、FPGAのタイミングパフォーマンスを最適化する方法について説明します。InTimeは機械学習を使用して、FPGAデザインの論理合成と配置配線の最適な組み合わせを決定します。コンピュータサーバと組み合わせることで、InTimeはタイミングを迅速に最適化すると同時に、ユーザのフロー自動化の制限に対応します。

ホワイトペーパーに記載されているトピックス

  • 伝統的なタイミングクロージャー技術とInTimeのアプローチの導入。
  • InTimeのフローを理解する。
  • InTimeを使用してデザインを最適化する手順。
  • クラウドでのInTimeとVivadoの使用。

Timing performance comparison between InTime default recipe and seed sweep

Positive SSL Wildcard